This website is in English and Japanese.

The Hokubei Hochi (North American Post) Foundation (HHF) is a non-profit 501c3 entity established in September, 2011, in Seattle, Washington. The Foundation’s mission is to promote and preserve the culture of the Nikkei and Japanese community through educational and cultural projects and activities in the Pacific Northwest. HHF’s vision is for a vibrant Nikkei and Japanese community connected and engaged through relevant news and enriching programs. HHF seeks to preserve the community’s history and culture for future generations.

It has been our long-held vision to establish a non-profit entity to carry on the legacy of an important Nikkei (Japanese American) newspaper institution, The North American Post.

While our new HHF is a separate legal entity, we are affiliated with The North American Post and have set forth our mission to support the preservation of news, history, and culture through educational and cultural projects. Many of these activities are best suited for our Foundation to carry on, while the newspaper focuses on its primary mission – to bring the readers the most current and engaging news and information.

The HHF will be sponsoring many educational and cultural events, many of them in the Nagomi Tea House space in Seattle’s International District. A major project for the foundation is the Nikkei Newspaper Digital Archive Project. Please learn more about these programs under the Programs tab.

北米報知財団

ミッション

北米報知財団は教育的、文化的なプログラムや活動、地元社会に関連するニュースや 事業を通じ、米国ノースウエストの日系人、日本人のコミュニティーの形成、維持、振興に寄与します。歴史と文化を次世代に繋ぐことも 重要な活動になります。

北米報知財団は2011年6月、非営利団体としてワシントン州シアトル市に設立され、501条(C)項(3)号団体としても認可されております。

重要な日系新聞発行機関として、その歴史を引継ぐ為に非営利団体を設立することは、我々、北米報知の長きに渡る夢でありました。

私共、新しき北米報知財団は、法人とは意を別とする為、北米報知と提携し、教育的・文化的プログラムを通じて、ニュース、歴史、文化の保護支援という我々の使命を追行します。これらの活動は、我々財団の運営に最も則したもので、同時に新聞本来の使命、“読者への最新で魅力あるニュースと情報の提供”にその軸を置いています。

北米報知財団は,教育的・文化的イベントを提供していきます。イベントの幾つかは、シアトルのインターナショナル・ディストリクトにある“なごみ茶屋”にて開催されます。現在運行中のプロジェクトは以下の通りです。

日系新聞デジタル化プロジェクト

学生インターンプログラム

このプログラムについての詳しい情報は、プログラムのタブよりご覧ください。

 

財団プログラム

北米報知財団では文化、コミュニティー、教育、コミュニケーションに関連するプロ グラムを提供します。内容は▽ブックイベントの開催▽歴史保存を目的とした既刊の日系、邦字新聞のデジタル化保存▽地域社会に密着し た出版物の発行、などがあります。コミュニケーション、報道、ビジネスを専攻し、地域社会や日本に関するニュースに興味のある学生に 向け、インターンシップ、奨学金制度も実施します。

2013 Year In Review – Annual Report

 

2012 Year In Review 

The Hokubei Hochi Foundation just completed its first full year of programs and operations. This year:Published “A Century of Puget Sound Nikkei Community History,” an updated sequel to “Coming Home,” a publication originally published by the Japanese American Citizens League (JACL) in 1988.  This beautiful 149-page pictorial was jointly sponsored by the Japanese American Citizens League (JACL) and The North American Post (NA Post) newspaper.

  • Sponsored popular events featuring Japanese/Nikkei educational speakers such as Port of Seattle CEO Tay Yoshitani and philanthropist Scott Oki; cultural events including a kimono extravaganza featuring Kimono Master Yu Ugawa, and two sushi programs featuring Master Chef Shiro Kashiba and Chef Daisuke Nakazawa; benefit performances featuring Sansei jazz pianist Deems Tsutakawa; a Japanese beer garden, and more.  All total, we drew several thousand attendees and received highly positive feedback.
  • Initiated a groundbreaking Newspaper Digital Archive Project.  Co-sponsored by the University of Washington (UW), we seek to digitize over 100 years of The NA Post/NA Times newspaper.  This will be the first bilingual English and Japanese newspaper to feature keyword search capability using the U.W.’s database system and technology called Contentdm©We hope that the first sample issues from the year 1946 will be available online for viewing during the first quarter of 2013.  The collection will be named NA Post (hokubei hochi) Digital Newspaper Collection. 

The Project Team is comprised of:  Glenda Pearson, Microfilm Department, UW Suzzallo Library: Anne Graham and Theodore Gerontakos, UW Digital Initiatives Program; Gina Kessler, UW graduate intern; Maiya Gessling, UW student intern; Shihou Sasaki, NA Post; Eddy Harrison, UW East Asia Library; Shawn Schollmeyer, National Newspaper Digital Project; Yohji Kameoka, volunteer translator; two bilingual interns from UW Bothell supervised by Kristen Gustafson.  Elaine Ikoma Ko is the main staff for the project.

  • Sponsored an inaugural Student Intern Program, sending intern Maiya Gessling to Japan this past October.  Maiya is a UW junior majoring in international studies with a minor in Japanese language.  Her articles are regularly published in The NA Post newspaper.

Staff:  Elaine Ikoma Ko; assisted by Travis Suzaka of The NA Post; Maiya Gessling, student intern.

Board of Directors:  Tomio Moriguchi, President; Randy Tada, Secretary; Yohji Kameoka, Mick Matsuzawa, Mayumi Nakamura, Eri Takahashi.

北米報知財団は1988年にJapanese American Citizens League (JACL)によって刊行された“Coming Home,”の続編となる“100 Years of Puget Sound Nikkei Community History,” を共催刊行致しました。この149ページにわたる美しい画報は北米報知新聞と the Japanese American Citizens League (JACL)の共催によるものです。

シ アトル港湾局CEOのTay Yoshitani氏や慈善家のScott Oki氏など日本人/日系人をお招きした講演会、着物マスター である鵜川有先生による着物ショーなどの文化イベント、寿司職人加柴司郎さんと中澤大祐による寿司イベント、ジャズピアニストDeems Tsutakawa氏による慈善興行、ジャパニーズビアガーデンなど数々のイベントを主催してきました。これらのイベントは何千人もの参加者を集め高い評価を受けてきました。

初の試みであるNewspaper Digital Archive Projectを始めました。ワシントン大学との共催で北米報知財団は過去100年以上にも渡る北米報知新聞既刊号のデジタル化に取り組んでいます。これはワシントン大学のデータベースとContentdm©と呼ばれる技術を使用してキーワード検索を可能にした初の日米バイリンガル紙となるでしょう。1946年の出版物をサンプルとして、2013年第一四半期の間にオンライン上で見られるようにプロジェクトを進めています。これらはNA Post (hokubei hochi) Digital Newspaper Collectionとしてオンライン上で刊行されます。

プロジェクト班メンバー

グレンダ・パーソン(ワシントン大学スザリオ図書館マイクロフィルム部)、アン・グラハム、セオドア・ジェロンタコス(ワシントン大学デジタル推進事業)、ジーナ・ケスラー(ワシントン大学卒業インターン)、マイヤ・ゲスリング(ワシントン大学インターン)、佐々木 志峰(北米報知)、エディ・ハリソン(ワシントン大学東アジア図書館)、シャウン・スクルムヤー(国民新聞デジタル事業)、亀岡 洋次(ボランティア翻訳者)、クリスティン・ガスタフソンよりの派遣2名(ワシントン大学バセル)、エレイヌ・生駒・コー(本事業メインスタッフ)

スタッフ

エレイヌ・生駒・コー

アシスタント

トゥラビス・須坂(北米報知)、マイヤ・ゲスリング(ワシントン大学インターン)

役員

森口 富雄(社長)、ランディ・多田(秘書)、亀岡洋次、ミック・松沢、中村 真弓、高橋 江利

Student Intern Programの一環で10月にインターン生のMaiya Gessling さんが日本を訪れました。Maiyaさんはワシントン大学国際学部の学生で日本語を学んでおります。彼女の記事は北米報知新聞で定期的に出版されています。